2018年03月03日

本日は臨時休業でした・・・

本日は前々から、私の父親が今年88歳になるので、ちょっと高級なお店で米寿のお祝いを行いました。
恥ずかしながら、いまだに運転は現役で、辞めさせたいのですが聞く耳を持たず・・・
現在は普通車から乗り換えて軽自動車(アルト・ラパンSS、4WDのマニュアルミッション!)を乗っていますが、あちこち軽くぶつけてます。オートマで無いので、暴走はしないと思いますが・・・
どなたか、運転を辞めさせる手立てを教えて下さい。

本日にオイル交換やお見積り等のご依頼をいただいた方々、大変申し訳ございませんでした。
恐縮ですが、後日に予定変更をお願いいたしますね。

さてさて、前回のブログで某輸入車の事を少し書きましたが、悪気は全く有りませんので念のため。
フロントエンジン、フロントドライブが悪いとは思っていませんし、実際に昔ジムカーナにちょっとはまっていたころに、FFのシビックに全くタイムで負けていたくらいですから、FFがスポーツを出来ないとは思っていません。
CCI20140629_0005.jpg

NAロードスターの良さは、英国車のMGのように『釣り師がヘラブナ釣りに始まりヘラブナ釣りに最後は戻る』みたいな所が有ると思います。
釣り師は、子供のころにヘラブナ釣りを最初始めてその後海釣りやルアーやフライを等移行するけど、歳とって最後はまたヘラブナ釣りに戻ってくるみたいな話で、MG−B等も入門スポーツカーとして乗り始めて、その後ジャガーやアストンマーチン、ロータス等に行きますが、歳取ると又MG−Bに戻ってくるみたいな・・・
NAロードスターの資質(素性)の良さは、速さだけで表せないスポーツカーの良さが有ると思います。
何度も書きますが、フロントエンジン&リヤドライブ、ノーマルアスピレーション、前後ダブルウィッシュボーン、ライトウェイトを追及した1600&1800の車両は、コスト削減のために他車の部品を手直しして流用したと思えない乗って虜になるスポーツカーだと思います。
その、機能美からのデザインと、最初にデザインありきの設計とは雲泥の差が有るのではと思います。

NAロードスターを昔乗って居たと自慢げに話される方もいらっしゃって、まるで入門車(エントリーカー)のように話される方もいらっしゃいます。
個人的主観ですから、それはそれで人それぞれですが、輸入車は素晴らしく、日本車のNAロードスターをバカにしている(舐めている)感覚の人がいるのは残念です。


posted by eunoster at 22:45| Comment(0) | 日記