2023年06月24日

事務仕事が追い付いていません

申し訳ございませんが、お見積もりの依頼やe-mailの返信やら、かなり遅れがちとなっています。
やはり、作業を優先していますので、事務仕事の時間が作れませんね。
前々から食事をしながらや、歯を磨きながらも時間を惜しんでパソコンに向かっていますが、事案が溜まっていく一方ですね。
お待ちいただいている方々、今しばらくお待ち下さい。

さて、過去にも何台も承っているヒーターユニットの交換作業ですが、今回承ったヒーターコアからの冷却水漏れは、今迄の最高の漏れだったようです。
DSC_2434.jpg

アップの画像は
DSC_2435.jpg
この緑色の物体が、エンジンの冷却水が漏れて、水分とエチレングリコールが蒸発して残った物質です。
何度もお伝えしておりますが、エンジンの冷却水はエチレングリコールが主成分ですから、このヒーターコアからのミスト状の冷却水漏れを人間が吸い込むと、中毒症状になるのです。
私の1028もこのエチレングリコールの漏れを体験してます。
ハードトップ仕様車ですから、外気の入れ替えは少ない事も有りますが、自宅から女神湖までの道中で頭痛や吐き気、腹痛を体験しました。
車両の症状として、フロントガラスの乾かない曇りが発生してましたが、最初は甘くみていました。
今回の当該車両はオーナー様は車両の状態も人体の症状も気が付いていないようでしたが、エアコンのコンバージョンを承った時にフロントガラスの曇りをご指摘しましたら、ヒーターユニットの交換を承った次第です。
案の定、ヒーターユニットを外してみましたら凄い漏た痕跡でした。
NAロードスターはほぼ全ての車両がヒーターコアから冷却水が漏っているのでは?
もちろん、ユーノスターでは、ヒーターユニットの交換は「NB」用を使用して交換します。
NB用はヒーターコアがアルミ製になっていて、組み立てにアルゴン溶接?となっているので、NA用のヒーターコアの様に真鍮の成分の多い金属をロー付けで組み立てられていないのです。
このロー付けの技術が製品の仕上がりや耐久性に影響するのです。
NA6CEの車両より、NA8Cの方が漏れる割合が多いのは、品質が落ちたのだと思います。
DSC_2432.jpg
こんな事が、工業高校の機械科を卒業していると、知識として役立つのです。

因みに、ヒーターユニットの中にヒーターコアが組み込まれています。
ヒーターユニットのフラップや結合部に使われているスポンジも経年劣化でボロボロになっていますjので、ユニットAssyの交換が必要となっています。

ヒーターユニットの交換には、ダッシュボードの脱着が必要ですから、工賃が多くかかりますが、この先まだ10年、15年とNAロードスターを乗り続けるには、必須メンテナンスでは?思います。
DSC_2440.jpg

ご相談をお待ちしております。


posted by eunoster at 23:13| Comment(0) | 日記

2023年06月17日

今週もあっという間の一週間でした

梅雨の真っただ中、週末は晴天で暑くなっていますので、身体にはきついですね・・・
お客さまから差し入れをいただいた、OS1を飲みながら、熱中防止をしながら作業をしています。

差し入れと言えば、先週もNBロードスターのオーナー様から差し入れをいただきました。
DSC_2419.jpg
ご馳走様でした。いつも書きますが、ホントお気持ちだけで十分ですから。
女性のオーナー様ですが、ユーノスターに作業ご依頼いただく女性オーナー様は素敵な方ばかりですね。ロードスター愛が感じます。(これってセクハラで無いですよね?)

ご依頼いただいた、作業依頼は、エンジン不調で他のコネクションの有る修理工場で診てもらったけど、あれこれ交換されても直らずお手上げとさじを投げられたらしいです。
そこで、ユーノスターをネットで見つけてご連絡をいただいた次第です。

他のご依頼いただいている作業の合間に診させていただく事を条件に、お預かりして故障探求いたしました。

まず、問診が重要なのでじっくり症状の発生に関してお伺いして(5W1H等など)、診断の内容を決めます。既にオーナー様のそのコネクションの有る修理工場で交換している部品は除けるかと思いましたが、部品だけでなく、繋いでいる配線やコネクターの不具合も視野に入れることにして、車両をお預かりいたしました。
症状を簡単に表記すると、車輛はオートマチックミッション車ですが、アイドリング時にパーキングやニュートラルからドライブにリバースにシフトすると、エンジン不調やエンストするという症状です。
早速、自己診断装置を診る事とし、診断機を繋いでトラブルコードを呼び出します。
DSC_2341.jpg
しかし、何も記憶していません。

そこでまずは症状の再現ですが、最初はなかなか再現しませんでした。しかし、とあるきっかけで再現する事に気が付きまして、故障探求の方向性が決まり、某部品の入力信号をオシロスコープでモニタリングして、再現時のデーターを診ました。
DSC_2343.jpg

これで、ほぼ確信になりまして、一旦その部品を車両から取り外して、洗浄して再度組み直して、状態を診ます。
すると症状が少し変わりまして、エンストはしないようです。
この部品と確定して、交換の許可をいただき、後日届いた新品部品を組み込んで状況を確認しましたら、歴然と症状が消えていていました。
それと同時にエンジンの振動がボディにかなり伝わっていたので、エンジンマウントの劣化を疑い、こちらも交換という事で作業を承りました。
取り外したエンジンマウントはやはり劣化していて、ゴムが硬化しているのと変形してました。
DSC_2407.jpg

交換しましたら、これも歴然とエンジン振動の伝わりが激減し、快適な走行となりました。

今回、敢えて不具合の原因を伏せて書きました。
それは、何処かの誰かが、この事例から症状を検索して安易に主原因とした部品を交換する方がいるであろうと、想像するからです。
そのような皆さんに、自分の知識や経験で故障探求して欲しいと思います。

以前居ましたが、同業者と思われる方が突然電話してきて、ロードスターの症状を私に伝えて、何が悪いのだろう?と聞いてきた輩がいます。
こちらとしては親切心でヒントみたいなことを言ったら、直ぐに電話を切ってお礼も言わなかった輩でした。

私の知識や経験は、あちこちに授業料を払って多くの犠牲もありました。

ですので、あまり自慢げに故障探求をありのままさらけ出すのを止めようと思った次第です。

故障探求などの私の極意を知りたい方は、弟子入りしてくださいね(笑)

posted by eunoster at 23:09| Comment(0) | 日記

2023年06月10日

関東も梅雨入りしましたね

とにかく、雨の日は犬のお散歩が大変なので、あまり降らない事を願いますね。
犬も人間も合羽を着用するのに時間がかかり、長靴で歩く(走る)のは疲れますし、犬達も合羽を嫌がります。
お散歩から帰ってくれば、犬達は汚れをガレージの温水シャワー?で落とさなくてはならず、負担となりますね・・・
ま、雨を恨むわけにはいかず、梅雨開けを待つのみです・・・

さて、先週と今週と、またまた差し入れをいただいてしまいました。
幌交換でお預かりしていた、NB乗りの素敵な女性からは、本場のメンマ?をいただきました。
ラーメンに入れるのはもったいないので、おつまみにしてとのことです。
DSC_2346.jpg

台湾からの直輸入品かと思いますが、商品名の読み方を教えていただきましたが、「シャンスイクン」と読むとの事です。
日本語以外の多国語がわかるのは憧れますね。私は英語で挫折しましたから・・・

そして、今週は地元が群馬県の車検整備でお預かりしたNA乗りの紳士からは、名物のもつ煮をいただきました。
DSC_2414.jpg

私は存知なかったのですが、もつ煮で有名店との事です。

今、どちらも早速、いただいております。
DSC_2415.jpg
どちらも最高です! 美味です!!
本当、ありがとうございました。

しかし、差し入れは嬉しいですが(きっといただいた時に気持ちが顔に出ていますね)、お気持ちだけで十分ですからね・・・

そんなこんなで、今週もバタバタしていて、アンケートのご返答等も進まずです・・・
申し訳ございません。

ユーノスターのホームページは、親友が忙しい合間を縫って更新してくれています。
お客様写真館も更新してますよ。
よろしかったらご覧ください。

近況としては忙しすぎて、本当に自分の分身が欲しいです。
仕事と犬の世話で毎日が過ぎていく感じです。
皆様からのe-mailの返信も遅れがちですが、ご了承をお願いしますね・・・

今は体力が続く限り、頑張る次第です。(睡眠時間を後1時間増やしたい・・・)



posted by eunoster at 22:53| 日記